山倉貯水池

19.01.19(日)は、市原市のこどもの国のある山倉貯水池に行ってきました。
 
行くきっかけは「千葉 地名の由来を歩く」を読んだことです。
 
この本の冒頭の第一章、第1節で「更級日記」で追え!で、市原と更級日記の関係やそれにまつわる話が面白く、
 
五井駅前からのびる更級通り、更級通り近くにある戸隠神社、国分寺跡を巡り、山倉貯水池の散策路を走りました。
 
少し薄曇りでしたが、風がなく穏やかな日で、自転車が楽しめました。
 
ちなみに山倉貯水池は、千葉県営として初の工業用水道の水源で、
 
市原市などの京葉臨海コンビナートに立地する企業へ工業用水を供給しています。
 
養老川から取水して、ポンプで山倉ダムに揚水し貯留しているようです。
 
また、山倉貯水池は、水面に太陽光パネル五万九百四枚を浮かべた
 
水上式の大規模太陽光発電所完成し、今年の3月20日に現地で竣工式がありました。
 
敷地面積は約18ヘクタール、最大出力は約13.7メガワット。
 
年間の発電量は1万6千170メガワットで、約5千帯分に相当するようで、
 
水上式メガソーラーとしては日本最大とのことです。
写真をクリックして下さい!
五井駅前を通る更級通り。 更級通り惣社地区 更級通り近くの戸神社 拝殿 上総国分寺跡は戸隠神社のそばにあります
片倉ダム湖 山倉ダム湖散策路
中之島
ホーム 自己紹介 自転車 推奨店 走行ルート
走行距離 おでかけ情報 新潟履歴 18年新潟TG 仙台履歴
100k以下 100k超 150k超 碓氷峠 碓氷峠
柏市梅園 大福山 鹿野山 太東埼 粟又の滝
九十九谷公園 大福山 野見金山 山倉湖 国分尼寺跡

Last updated: 2019/2/2